旭川の訪問介護で行っているお仕事の流れをご紹介

北海道旭川市の訪問入浴介護|株式会社ルクスト

旭川の訪問介護で行っているお仕事の流れをご紹介

コラム2021/11/26

旭川の訪問介護で行っているお仕事の流れをご紹介

■人生を見届ける訪問介護というお仕事


訪問介護の仕事は施設内で介護するのではなく、介護を要する人の旭川の自宅に訪問して、介護や生活の援助をする仕事です。

一言に訪問しての介護や生活援助といっても、いろいろな仕事があります。

たとえば訪問先の介護を要する人が入浴や食事、排泄などで困っていれば、それらのお世話をするのが仕事です。

医療的な資格がなくてもできるケアについては、訪問介護のスタッフがおこなうこともあります。

年齢や病気などにより日常生活に困難を感じている場合、訪問介護のスタッフが必要な範囲でサポートします。

これも旭川の訪問介護の基本的な仕事です。

旭川の自宅に訪問したスタッフがおこなう生活のサポートは、買い物から家事、病院への送り迎えなどがあります。

旭川を含め、訪問介護では家事代行と医療行為をしてはいけないことになっています。

家事代行や医療行為以外の生活の援助や介護が訪問介護スタッフの仕事です。

訪問介護の1日の仕事の流れは次のようになっています。

流れ①出勤

流れ②旭川のAさん宅に訪問介護に向かう

流れ③旭川のBさん宅に訪問介護に向かう

流れ④昼食と休憩

流れ⑤旭川のCさん宅に訪問介護に向かう

流れ⑥旭川のDさん宅に訪問介護に向かう

流れ⑦帰社して引継ぎや日誌の作成

流れ⑧帰宅

訪問介護ではいろいろな旭川の家に訪問し、介護や生活援助をおこないます。

その人の生活に寄り添い、介護や生活援助を通して人生を見届けるのが訪問介護の仕事であると言えるでしょう。

■介護業界の需要と将来性

日本は少子高齢化の国です。

2018年の時点で人口に占める65歳以上の割合は28%にも上ります。

高齢者は今後さらに増える見通しです。

高齢になると、身の回りのことを自分でおこなうことが難しくなります。

若い頃当然のようにできていた食事や家事、買い物なども、高齢になると当たり前のようにはできなくなってしまうのです。

また、年齢を重ねると、それだけ病気や怪我のリスクも高くなります。

病気や怪我により身の回りのことが難しくなり、旭川の訪問介護を頼ることもあるかもしれません。

少子高齢化が深刻化する将来、介護業界はより需要が増すと考えられます。

介護業界は家族や介護対象となる高齢者などと、介護や生活援助を通し長くかかわる仕事です。

高齢者が増える今後はさらにいろいろな人の人生や生活に関わる機会が増えることでしょう。

■最後に

旭川の訪問介護は介護対象の自宅に訪問しておこなうタイプの介護になります。

訪問介護は生活の援助や介護などが仕事です。

仕事の流れは、出社して訪問介護対象の家に向かい、仕事をするというかたちになります。

少子高齢化が進む日本、そして旭川では、今後さらに訪問介護は重要な仕事になるはずです。

旭川は特に寒い地域ですから、冬場に施設に通うことが困難なことも珍しくありません。

体調や年齢の関係で施設にケアに訪れることが難しいケースもあります。

このようなときも力を発揮できるのが訪問介護の強みです。

旭川の訪問介護ならルクストにお任せください。

一覧へ戻る